青の花茶の効果…良いとこ悪いところ&初回980円の情報!

青い色がとってもオシャレなハーブティの【青の花茶】

こんにちは、最新の “キレイになるための情報” をお伝えする「Recommend Style」の横山です。

今回は、青い色がとってもオシャレなハーブティ

【青の花茶】の良いところに加え、更に悪いところも探ってみたい思います。

また最後のほうで、【青の花茶】が初回980円で始めることができるキャンペーン情報もお伝えしますので、どうぞお見逃しのないようにしてくださいね。

【青の花茶】とは?

夏が近づくとスタイルが気になるので、簡単に痩せたいという人もいらっしゃると思います。

でもダイエットには、激しい運動や辛い食事制限が必要だと考えている人も多いかもしれませんね。

また、自己流のダイエットはなかなか続かないこともあります。

そのような方に是非お勧めしたいのが、バタフライピーという植物を使った「青の花茶」というハーブティなんです。

このハーブティには、バラフライピー以外にもさまざまな有効成分が含まれており、辛いダイエットをしなくても自然とスリムな体に近づけてくれます。

ダイエットというのは簡単にできることではありませんし、普段していないことをやるので、どうしてもストレスが溜まってしまいます。

ストレスを解消するために、ダイエット中にもかからわず、たくさん食べてしまうという人もいるかもしれません。

また、ストレスを感じると交感神経が刺激されてしまうため、血管が縮んで血流を悪くしてしまいます。

血流が悪くなると体の巡りが悪くなってしまいますし、必要な栄養素や酸素がしっかり行き渡らなくなってしまいます。

結果として基礎代謝が低下してしまい、痩せにくい体質になってしまうのです。

また、ストレスを感じると分泌されるホルモンというのもあります。

このホルモンが出ると、インスリンが多く分泌されるようになるのですが、インスリンには血中の脂肪細胞を取り込むという働きがあるため、必要以上に分泌されることで体脂肪が増えてしまうということになります。

ストレスなくダイエットしたいという人は、どうぞ「青の花茶」を試してみてください。

「青の花茶」はノンカロリー・ノンシュガー・ノンカフェインのお茶ですし、辛い運動は必要ありませんし、3食食事を摂っても問題ありません。

ダイエット中でも安心して飲むことができますし、甘い物が欲しくなったときにも「青の花茶」はおすすめです。

バタフライピーをブレンドしたお茶ですので、色は青くほのかな甘味が特徴です。

でも青い色をしていると、添加物が入っているのではないかと心配してしまう人もいるかもしれませんね。

でも、「青の花茶」特有のこの色は天然由来の色で、副作用のリスクがある添加物などは一切使われていません。

安全性についてはきちんと確認されていて、体に良い影響を与えてくれるお茶となっています。

【青の花茶】が選ばれる理由!

■こだわり原料その1.【バタフライピー】

「青の花茶」に含まれているバタフライピーはマメ科の植物で、タイでは多く栽培されています。

バタフライピーを使ったハーブティーを飲むと、アンチエイジング効果が期待できると言われていて、タイの女性は好んで飲んでいます。。

また、抗酸化物質のアントシアニンが豊富に含まれており、アンチエイジングだけでなく生活習慣病の予防や眼精疲労の解消にも高い効果を発揮してくれます。

アントシアニンは医薬品として使われることもあるのでご存知の方もいらっしゃると思いますが、「青の花茶」に含まれるアントシアニンは植物由来の成分なので副作用の心配はなく、安心して飲むことができます。


■こだわり原料その2.【甜茶】

甜茶は中国南西部を原産とするバラ科の植物から作られるお茶で、甘味があることが特徴です。 甜茶に含まれている甘味成分は砂糖の75倍の甘さがあると言われていますが、体内に吸収されることはないのでノンカロリーです。

そのためダイエット中だけど甘い物が欲しくなった時などに最適で、砂糖の摂取量を抑えることができるでしょう。

また甜茶にはポリフェノールやカリウム、カルシウム、マグネシウム、鉄などと栄養素が含まれています。


■こだわり原料その3.【アマチャヅル】

アマチャヅルはアジアに広く自生するウリ科の植物で、高麗人参に入っているサポニンという成分が多く含まれています。

コレステロールを下げる効果や高血圧の予防効果、血管拡張効果、アンチエイジング効果、脂肪の吸収を抑制する効果などがあるため、肥満防止に役立つでしょう。

アマチャヅルに含まれるサポニンはストレスの緩和や新陳代謝を促進する働きもあるため、ストレスなくダイエットしたい人に最適です。


■こだわり原料その4.【ラフマ】

ラフマは中国北部や西部が原産の植物で、精神を安定させる効果や風邪の予防効果、高血圧の改善、コレステロール値の改善などの効果を期待できるとされています。

フラボノイドやカリウム、アミノ酸などの成分が多く含まれており、生活習慣病の予防や抗菌作用などでも注目を集めています。

ラフマの有効成分は血管の壁を緩める働きがあるため、血圧低下や動脈硬化の予防、喘息の軽快、咳の緩和などの効果も期待できると言われています。


■こだわり原料その5.【メグスリノキ】

メグスリノキは日本にだけ自生するムクロジ科の植物で、戦国時代には樹皮を煎じた汁を目薬として使っていたそうです。

メグスリノキにはタンニンやカテキン、アントシアニン、フラボノイドといった成分が含まれており、特に目のトラブルに役立つとされています。

結膜炎や老眼、近視などで悩んでいる人にも最適な原料と言えるでしょう。

また、肝機能の働きを高める効果や体内の解毒、血行促進、血糖値を下げるなどの働きもあります。

それからメグスリノキとビタミンCを併用することで、ガン細胞の増殖抑制効果があるとも言われています。


■ノンカロリー・ノンシュガー・ノンカフェイン!

「青の花茶」は見た目が美しいことはもちろん、ダイエット効果でも注目を集めています。

ダイエットが失敗する最大の原因の1つはストレスであり、ストレスがなくなることで痩せられる可能性が高まります。

ダイエット中のストレスを減らしてくれるだけでなく、気分転換のリフレッシュとして飲むこともできますし、食事中に一緒に飲んでも良いでしょう。

「青の花茶」を飲むことで神経が落ち着きますし、無理なく食欲を抑えることができるのです。

ノンカロリー・ノンシュガー・ノンカフェインなので好きな時に安心して飲んでください。


■続けられるクセのない穏やかな味わい!

「青の花茶」がハーブティと聞くと、味や匂いなどが気になる人もいることでしょう。

でもそんなの全然気にする必要はありません。

「青の花茶」は市販の紅茶と同じように、ティーバックを浸す時間やお湯の量を調整して楽しむことができます。

でも市販の紅茶はティーバックを長く浸しておくと渋みが出てしまいますが、「青の花茶」には渋くなりにくい原料が使われています。

ほんのりとした甘味が特徴で、クセのない穏やかな味わいなので続けやすいと言えます。

また、天然由来の成分による甘さなので太る心配もありません。

【青の花茶】の効果的な飲み方!

「青の花茶」はいつ飲んでも大丈夫ですし、食事と一緒に飲んでも良いですし、リラックスしたい時に飲んでも良いです。。

甘い物が欲しくなった時に飲んでも良いですし、どうぞ好きな時に飲んでください。

独自の製法でタンニンを控えめにしているため、ティーバッグをずっと入れておいても渋みが出にくいことがポイントです。

そのためタンブラーやボトルなどに入れて持ち歩くこともできるようになっています。

アイスとホットどちらでも飲むことができますが、効果的な飲み方としてはホットがおすすめです。

冷たい飲み物を飲むと体温が下がってしまいますし、体の代謝が低下してしまうということです。

そのため温かい飲み物を摂取する方が良いですし、それによって体の代謝もアップすると言われています。

代謝が上がると痩せやすい体になるため、ダイエットが成功しやすくなるでしょう。

また配合されているメグスリノキは、温度が低いと体にしっかりと吸収されなくなってしまうこともあります。

飲むタイミングは特に決まっていないのですが、就寝前に飲むと睡眠の質を良くする効果を期待できます。

また、睡眠中は成分が吸収されやすいという特徴もあります。

【青の花茶】の効果…良いところ!

「青の花茶」にはどのような効果があるのでしょうか。

口コミでも評判が良いですし、肥満改善効果や便秘解消効果、アンチエイジング効果などが得られるとされています。

本当にそのような効果が得られるのか疑問に感じている人もいるかもしれませんね。

まず最初に、「青の花茶」には甜茶が含まれています。

甜茶だけなら飲んだことがある人も多くいらっしゃると思います。

甜茶には天然の甘味成分が含まれており、砂糖の代わりに摂取することで肥満を抑制することができます。

また、コレステロール値を下げたり中性脂肪を減らす効果などもありますし、結果としてダイエットに繋がるでしょう。

痩せやすく太りにくい体にしてくれるのが「青の花茶」の良いところです。

さらにアマチャヅルも含まれているのですが、この原料は便秘解消に役立つことが知られています。

アマチャヅルには高麗人参に入っていることで有名なサポニンという成分が含まれています。

この成分にはお腹を温める作用があるため、リンパの流れを改善することができるでしょう。

お腹が冷えると便秘などの原因となってしまうこともあるため、健康のためにおすすめの成分とされています。

また、バタフライピーという青い色の原料が含まれていることも「青の花茶」の特徴です。

タイでは古くから利用されてきた植物で、抗酸化作用があるので細胞の老化を防いでくれます。

眼精疲労を和らげるなどの効果もあるため、普段から目の疲れを感じている人に最適です。

「青の花茶」の良いところとしては、体がスッキリすることや食事制限しなくても痩せられるということ、目の疲れにも効果があるということが挙げられます。

また、甘味があって美味しいのにノンカロリー・ノンシュガー・ノンカフェインのお茶ですので、ダイエット中でも安心して飲むことができるでしょう。

「青の花茶」を飲むことによってストレスを溜めることなく、自然とダイエットすることができるでしょう。

また、添加物などは一切使っていないため、小さい子供でも飲めるというメリットもあります。

【青の花茶】の効果…悪いところ!

「青の花茶」には良いところがたくさんありますが、悪いところも押さえておきましょう。

このお茶のデメリットとしては、すぐに効果が出るわけではないということです。

あくまでお茶なので痩せるペースはゆっくりですし、急激に体重が減少するわけではありません。

効果がゆっくりと聞くと残念に感じる人もいるかもしれませんね。

しかし、それだけ体に優しいお茶であると言えますし、副作用のリスクがないので安心して飲むことができるのです。

ちなみに、目の疲れについてはすぐに効果を実感できることもあります。

「青の花茶」を飲んでも効果が出なかったという口コミを見かけることがあるかもしれませんが、そのような人は、ほとんどの場合飲んでいる期間が短すぎるという理由が挙げられます。

「青の花茶」は毎日飲み続けることで効果を発揮すると言われており、最低でも1~3ヶ月は飲み続けることをお勧めします。

バタフライピーは美容に良いという話を聞いたことがあるかもしれません。

しかし、ダイエット効果については体質とも関係してくるので、あまり感じられない人もいらっしゃると思います。

そういった方は「青の花茶」を飲むだけで痩せることは難しいですし、食事制限や運動なども取り入れた方が良いでしょう。

効果の出方には個人差もありますし、人によっては短期間で効果を実感できることもあります。

しかし、「青の花茶」はストレスのないダイエットをサポートしてくれるというお茶であり、飲み続けることで健康的な体を手に入れられるお茶だと考えておきましょう。

また、一時的に体重が減ったからといってすぐにやめてしまうのは良くありません。

継続することで痩せやすい体質に変わっていくということですし、ある程度飲み続けると良いです。

毎日継続していない人や間食の多い人などは効果が出にくいとされています。

ダイエットのためには毎日しっかり飲み続けることはもちろん、食べ過ぎないことや間食を減らすなどの工夫も大切です。

【青の花茶】のキャンペーン情報♪

では最後に、「青の花茶」が980円で始めらることができるいうとっても嬉しいキャンペーン情報です。

購入に関しては通販サイト限定なので、薬局やドラッグストアなどの実店舗では買うことができません。

また、通販サイトなら普段から利用している大手の通販サイトを利用したいという人もいるかもしれませんね。

でもちょっと待ってください!

「青の花茶」をお得に購入したいという場合、公式キャンペーンサイトから注文することをお勧めします。

キャンペーンサイトでは「ラクトクコース」というものが用意されていて、初回のみ980円で購入することができるんです。

しかも、2回目以降も19%OFFになります。

ただし条件があって、初めて買う人限定になってますので、今まで注文したことがある人は申し込めません。

また、数量には限りがありますので、「青の花茶」に興味がある方はどうぞ早めに申し込んでください♪


キャンペーンサイト

青の花茶

【青の花茶】のキャンペーンサイトはコチラへ



■LINK■